Daily Archives: 2018.8.2

肌のバリア機能を高めよう

普段からできることで、肌のバリア機能を高めるためには、どのようなことに気をつけるのがよいのでしょうか。また肌を傷つけないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。肌のバリア機能についてみていきましょう。

睡眠肌のバリア機能を破壊してしまう原因の1つが合成界面活性剤になります。そのため洗顔料やボディーソープを選ぶ時には合成界面活性剤が不使用のものを選ぶようにしましょう。また肌に余分なものを塗らないことも重要になります。アトピーになってしまうと、ついつい肌にクリームなどを大量に塗ってしまいがちになりますが、肌に余分なものを塗りすぎてしまうことによって肌の力が落ちてしまいます。そのようなことから肌に余分なものを塗らないことが重要にです。

とくに夜の時間は肌の機能が高まる時間になります。そんなお肌の機能が高まる時間帯に夜更かしをしてしまうと、肌にストレスを与える原因となってしまいます。質のよい睡眠は非常に重要で、肌の新陳代謝は6時間かけて行われることから、1日6時間以上睡眠することが大事です。肌の修復をする働きがある成長ホルモンは、就寝してから3時間から4時間後に分泌が急増すると言われています。

このようなことから肌のバリア機能を高めるためにはアトピースキンケア商品の見直しと、夜の時間に肌の機能を高めることが重要になります。