Author Archives: 運営者

肌のバリア機能を高めよう

普段からできることで、肌のバリア機能を高めるためには、どのようなことに気をつけるのがよいのでしょうか。また肌を傷つけないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。肌のバリア機能についてみていきましょう。

睡眠肌のバリア機能を破壊してしまう原因の1つが合成界面活性剤になります。そのため洗顔料やボディーソープを選ぶ時には合成界面活性剤が不使用のものを選ぶようにしましょう。また肌に余分なものを塗らないことも重要になります。アトピーになってしまうと、ついつい肌にクリームなどを大量に塗ってしまいがちになりますが、肌に余分なものを塗りすぎてしまうことによって肌の力が落ちてしまいます。そのようなことから肌に余分なものを塗らないことが重要にです。

とくに夜の時間は肌の機能が高まる時間になります。そんなお肌の機能が高まる時間帯に夜更かしをしてしまうと、肌にストレスを与える原因となってしまいます。質のよい睡眠は非常に重要で、肌の新陳代謝は6時間かけて行われることから、1日6時間以上睡眠することが大事です。肌の修復をする働きがある成長ホルモンは、就寝してから3時間から4時間後に分泌が急増すると言われています。

このようなことから肌のバリア機能を高めるためにはアトピースキンケア商品の見直しと、夜の時間に肌の機能を高めることが重要になります。

アトピーの原因はなに?

アトピー性皮膚炎はどのようにして起こるのでしょうか。またアトピー性皮膚炎はどのようにして対策することができるのでしょうか。アトピーの主な原因はどのようなものになるのでしょうか。

主な原因は2つあり、体質と環境的な要因があります。人によって原因が違うだけでなく、原因が一つとも限りません。アトピーになっている状態の肌はどのようになっているのでしょうか。

ストレスアトピー状態では皮膚のバリア機能と呼ばれる、肌の保護機能が低下していると考えられています。人間の肌にはバリア機能と呼ばれる外からの刺激や雑菌が体内に入らないように身体を守ってくれる機能です。アトピー状態の皮膚はバリア機能が低下していることから、角層のバランスが崩れてしまい外からさまざまな外敵が入りやすくなります。またちょっとした刺激からかゆくなってしまう状態になっていることから、さらに皮膚を自ら掻き毟ってしてしまい、再びバリア機能が破壊されてしまうこともあります

また環境の原因では寝不足やストレス、ダニやほこりなどからも、アトピーになることがあります。今まで健康だったのに突然アトピーになってしまった人は自分がきちんと眠っているか、自分が清潔な部屋にいるかどうかを確認することも大切です。続いては、肌のバリア機能の高め方について説明します。

アトピーの人は肌のバリア機能を知ろう

スキンケアアトピーを防ぐためや改善するためには肌のバリア機能を保つことが非常に大切になります。肌のバリア機能を保つには、日常生活の中でどのようなことに気をつければいいのでしょうか。アトピーを予防する方法について説明します。

まず急な環境の変化などにより、自分で原因がわかっている場合には原因を取り除くようにしましょう。アレルギーを起こす物質はダニやほこりや壁以外にも複数あり、中には食べ物もアレルギー症状を起こす可能性があります。

理想的な環境は部屋の掃除を毎日することです。ダニが生息しやすい環境というものは、ほこりの中と言われています。そのため日常生活からほこりを作らないように、こまめに掃除機をかけてほこりを吸い取りましょう。空気の入れ替えも大事になります。換気をすることによって綺麗な空気が入ってきます。

もちろん日常の掃除以外にも、肌のスキンケアをすることが大切です。バリア機能は普段から油断せずに、毎日スキンケアを行うことでアトピーの予防が可能になります。皮膚の表面には汗やほこりや雑菌など多くの汚れがついていますが、汚れがついたままの状態が長く続いてしまうとその刺激で、炎症やかゆみがひどくなったり、雑菌によって感染症を起こしてしまう恐れがあります。そのようなことから、日ごろからのスキンケアでしっかりと保湿することが大切です。

このサイトでは色々なアトピーの原因肌のバリア機能の維持を中心に説明しています。